2007年8月9日木曜日

iDisk同期機能を停止させてディスクスペース増加.

ディスクスペース少ないな〜と思ってたら,なんかiDisk同期機能によって同期されたデータがでかくなってた.

.macの保存容量が10倍になったことが関係あるのかどうかはわからないが,iDisk同期機能を停止させた.自動ではiDisk同期機能が開始されないため,自分で設定した場合のみだと思う.

iDisk同期機能の停止手順はつぎのとおり.

1.システム環境設定>.Mac>iDisk>停止をクリック.
2.ローカルに保存されていたiDiskのディスクイメージが,デスクトップに移動されるので,削除する.

僕の場合は,5GBくらいディスクスペースが増加した.

ちなみに,ローカルに保存されていたiDiskのディスクイメージは,~/Library/Mirrors以下にある.

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ディスク容量が少なくなって同様の事例を探してたらここに来ました。
確かにこのディスクイメージが5Gも占有してました。
消そうかと考えたけど結局ローカルにあるものなので、大事じゃないデータ(殆どでした)を意識的にidiskに保存するようにしました。
せっかくの機能なので、どうでしょう

TSUCHIDA Takuya さんのコメント...

>匿名さん
なるほど.
そっちに移動させればいいですね.
やってみます♪